西麻布割烹たくみ

chef 料理長

割烹たくみの料理長をご紹介します


料理長 木村 巧

和食一筋に食の世界に身を置き、大阪北浜花外楼をかわきりに関西料理を学び、小田急ホテルズアンドリゾーツ開業準備室より、ホテルはつはなにて14年料理長を務める。

2007年よりハイアットリージェンシー東京にて和食料理長として日本料理を統括する。

2010年、お客様により近い場所で一人ひとりのお客様に感動をお届けしたいと、西麻布の閑静な住宅街に割烹たくみを開店。

日本料理の基本に重きを置き、五味、五色、五方にのっとった本物の茶懐石をベースに独自の世界感を表現した芸術的な日本料理の創作を続ける。

ご挨拶

お客様と割烹料理店との出会いは一期一会だと思います。

お客様がその時間を最大限に楽しんでいただくため、割烹たくみスタッフ一同、あらゆる要素、器、季節のしつらえ、サービスすべてにおいて全力で取り組んでまいります。

素晴らしい料理を作りたいという気持ちや情熱はどの料理屋も同じですが、割烹たくみは初心を忘れず、『ありがとう』をたくさん頂く店作りを目指し、料理を芸術として進化させていきます。